06_DSC_0941

「フェスティバル大学」

一般社団法人ワールズ・ミート・ジャパンは、芸術祭やもぐフェスなどイベントの運営に関する知見を幅広く活用してもらうために「フェスティバル大学」と銘打つ講座を不定期で行います。

DSC_5158r

「フェスティバルには人生に必要なことがすべて詰められています」

イベントの主催者およびスタッフには、組織の運営、会計、企画および評価の実施など、経営的かつ複合的な能力が必要です。
ところが、現状ではこうした能力を体系的に習得できる機会やカリキュラムが少ないため、多くのイベントの主催者が一から手探りで開発・習得しています。もしも、日本にこのような能力を高めてくれる大学があれば、国内で開催されるすべてのイベントが飛躍的に成長するに違いありません。

こうした(妄想に近い)願いに少しでも近づくため、微力ながらフェスティバル大学を開催します。
これまでも芸術祭ではスタッフの能力を高めるため、オーストラリア「WOMADelaide」での研修や、実践的英会話教室などを自主的に行ってきました。フェスティバル大学はこうした活動の延長上にあります。

専門家や有識者を講師に招いて、イベントやその周辺にまつわる知識や見聞を「概論」「演習」など「大学のフリをして」皆さんと一緒に学んでいきたいと思います。ご理解とご協力をお願いいたします。

Every August. For 30,000 people. Worlds Meet in Japan.